ショッキングなピンク

f:id:SOMETHINGUSUAL:20140812222341j:plain

鹿児島の無邪気で「しろくま」を食べた。
特に予定も無かったが「食べたことがないならばそれはもう食べるしかない!」と強くススメられ、…にもかかわらず、ハンディしろくまで十分と言うのだから不思議なものだ。
何はともあれ、私は早速「無邪気」の店外で、好奇心のままに頼んでみた。

もとより、そこまで美味しいとは思って無かったけれど、実際に食べたら全然美味しくなかった。

特にこのケミカルな色合いの寒天。カンベンして欲しい。一体全体なにがどうしてこれをつけようと思ったのか。

意味のあるケミカルは許せるけど、全体の味を支えるわけでも、盛り上げるわけでもないコレをどーにも理解できず。


私のしろくま体験は無残な結果に終わった。


この食べ物は店によって違いがあるのだろうか?やはりあの方が記した、喫茶ママに行くべきだったんだろうか。


おいしくないと感じたもののことは、あまり考え込んで仕方ない。

ので、これはこれで貴重な食体験と言うことにした。



※あくまで個人の感想ですので、悪しからず。お店には列ができる人気店です。