読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

使い回しのコースター

f:id:SOMETHINGUSUAL:20140809104040j:plainf:id:SOMETHINGUSUAL:20140809104050j:plain

To moments still to come. 

ーHATANATA COFFEE


1986年からはじまった珈琲店。

前回の鹿児島でも、その存在は知りつつ、何だか気のりしなくて避けていた。

今回はホテルから歩いてスグということもあり、モーニングブレイクがてらコーヒーをのみにいく。


店内は狭い。

2席の横並びのカウンターが2組。そのうちの1席には大柄の老人が腰を据えて新聞を読んでいる。


もう一方のカウンターにすわり、視線の定まらないままぼんやり。


サーブされたのが、どこかの大量生産の紙コップで少しがっかりしていた。素敵なカップだったら良かったのに、なんて。


けれど、カウンターのコップのシミを見つけて、その考えはすぐに変わった。ソーサーもコースターもない店がゆえに、くっきりと2つ、コップのシミが物語る。


常連の仕業か、はたまた入れ替わり立ち代りの客が、ついついここに置くのか。


コースターがわりについた、まん丸な円が何だかとても愛おしくて、今度鹿児島きてもきっとここへ来ようと心にきめた。


パチリと一枚写真におさめ、私が円の真上にコップを重ねたことは、言うまでもない。