趣味は冷蔵庫に現れる

f:id:SOMETHINGUSUAL:20140410092728j:plainf:id:SOMETHINGUSUAL:20140410092736j:plain
 

冷蔵庫の「中を見れば正確やお金の使い方がわかる。」というのはよく聞く話だが

うちの冷蔵庫に関して言えば、「ドアを見れば趣味がわかる。」だ。

 

海外旅行に行った時に、現地の安っぽいマグネットを集めるのが好きで気がついたらこんなごちゃごちゃに。

開け閉めするたびに、磁力の弱い東南アジア系のものはすぐに落ちるけれど、それも愛嬌。

 

センスいいなぁと思うフライヤーやDMはどうしても偏りがあるから、

気がついたら同じブランドや人や会社などが連なって隙間もない感じに。きれいに並べるのが苦手なだけかもしれない。

 

小さい頃から実家の冷蔵庫には特売のチラシとか、今夜のメニューとか、伝言とかが貼ってあった。でも“中身を見ること食べること”が目的だった当時の私の記憶には、他に何があったかほとんど覚えていない。もしかしたら他は何も貼ってなかったのかも。

その代わりに、冷蔵庫の脇には母の好きなマグネットとかポストカードとか、健康法の記事の切り抜きなんかが貼ってあって。母の趣味嗜好の世界がそこに垣間見れた。なんというか、部屋全体を見ればその人の趣味がわかるが、

それをぎゅーーーーーーっと閉じ込めたのが冷蔵庫、という感覚だ。


と言うことで、別に自己紹介もしないブログなので、これがその代わり。


因みに、食に関してはなぜか冷蔵庫ではなく、別の壁に趣味を貼っています。それはまたこんど。


-冷蔵庫 / a piece of my world