読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流行らない店

f:id:SOMETHINGUSUAL:20140323215829j:plain

ここもまた、人に教えていただいた場所。

流行らない店、というのは大嘘で、本当の意味は「廃れない店」。(私の願望を言えば、お願いだから流行らないでほしい店。)前からそこにあったような、たぶんずっとそこにあるような店。そうあってほしい願望が9割。ナイショなわけではないけれど、いい店がゆえにすこし教えるのをじらしてしまう気持ちはきっと誰もが持っているはず。(だから店名は書きません。場所は福岡です。)

 

料理のすべてが自然体でおいしくて、ワインは特に。酒屋で働く経験をもつ女性スタッフの丁寧な説明を聞きながら、好みや気分に合わせておいしいワインを愉しめる。

私は近くに住む友人と行ったのだけど、ああこれは一人でくる場所かもしれない、という気も。カウンターに座って、ゆっくりワインをのみながら店主と話す時間はきっとすばらしいだろうな。

 

そんなことを書きつつ、本音を言えば、25の自分にはまだ少し早いお店。それでも、なんとか大人ぶって通いたいと思わせる。(関東住みなので、実際通う事は難しいのだけど。)お店の雰囲気は、もちろん家族連れでも、カップルでも一人でもウェルカムなアットホームさがあるのだけど、それをすべて受け入れる店側のおおらかさがなんとも“大人”だなと感じさせる。

 

次に来福するまでには、もう少し、このカウンターにふさわしい大人になっていたい。

広告を非表示にする