鹿児島睦さんの絵馬

f:id:SOMETHINGUSUAL:20140322113552j:plain

たしか去年の暮れ頃に、福岡の竃門神社の絵馬が2014年の午年は鹿児島睦さんの絵だと聞き、どうにかしててにいれられないかとやきもきしていた。

今回福岡へ赴く機会があり、まっさきにおもいだした絵馬のこと。まだあるかさえわからずでもせっかくだからと行ってみることに。最寄り駅は太宰府で、そこからバスで10分かからないほどの場所にある。1本逃すと次のバスは30分後ということをわかりつつも電車の時間の都合でぽっかり空いた時間をつかって少しだけ太宰府天満宮にも参った。鷽鳥が好きで、いつもおみくじは鷽鳥のものにして持ち帰っている。その話はまた後日。

 

竃門神社は恋愛成就のご利益があるらしく、私が着いた11時過ぎには既に若い女性グループが何組か楽しそうにしていたが、駅からのアクセスが悪いせいかとても空いていて帰りのバスがくるまでの30分でゆっくり見てまわることが出来た。小高い場所にある境内には、鹿がいたり、ビオトープがあったり、町が一望できたりとなかなかきれいな景色が印象的な場所だった。

 

お目当ての絵馬を二つ買って、ひとつは友人へのお土産用に。

もうひとつは願い事を書き奉納。鹿児島さんの描く優しく連れ添う2匹の馬に顔がほころぶ。

 

どうか叶いますように。

こんな時ばかりついつい神様に頼るなんて、なんて都合がいいんだと、自分でも思う。