読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝飯は食堂で

f:id:SOMETHINGUSUAL:20140322091104j:plain

 

早朝に福岡に着いて、まずしたことは腹ごしらえ。

朝から開いているところといえば、漁港の食堂。ということで気になっていた「おきよ食堂」へいく。土曜の朝なのに…朝だからなのか、店内はわりと空いていた。最初から決めていた「ごまサバ定食」を頼み、一人席で待つ。ごまサバは福岡の郷土料理で、生のサバを胡麻をつかった合わせダレでからめてある。新鮮なサバじゃないとできないから、関東ではあまり見かけない。

 

5分ほど待って出てきたのは、完璧なまでの朝飯。

昭和22年創業の味は、驚きこそないものの土地に根付いた地味な味で、とてもとてもおいしかった。

 

ぺろりと平らげて速やかにお勘定をする。

漁協で働くみなさんの食堂に‘お邪魔している’のだから、食べ終わったらさっと席を立つのが、自分なりの礼儀だと思っている。

広告を非表示にする